風俗嬢とガチ恋愛~デリヘル嬢と同棲生活して気付いたこと

6月 14, 2018

こんにちは~。manchiでっす!最近は錦糸町のデリで若くてかわいい中国人留学生を見つけて、その子と本番するのが楽しみになってま~す。manchiのような風俗のベテランになると、風俗嬢と仲良くなって一緒に飯食いに行ったり、タダマンさせてもらったりすることもしばしば。あわよくば付き合いたいと思うのですが、なかなかうまくは行かないですよね。

ただ、こんなmanchiも実は一回デリヘル嬢と同棲したことがあります。しかし、相当苦い思い出になりました…。しばらくはトラウマになりましたもの。

今回はmanchiのデリヘル嬢と同棲したガチな恋愛体験談をお話します。

デリヘル嬢との同棲体験記~2週間で散った淡い恋編~

大塚で出会った読書好きデリヘル嬢のTちゃん

manchiが同棲した風俗嬢のTちゃんとは大塚のデリヘルで知り合いました。基本manchiはあまり大塚のデリヘルは使わないのですが、その日はたまたま大塚で飲んでいて終電を逃したので、大塚のラブホに入って、いつもは使わない大塚のデリヘルを利用しました。

大塚は風俗嬢の年齢層が高いエリアとして知られているので、「どうせおばちゃんだよね、まぁサービスが良ければいいか」くらいのつもりでいたのですが、登場したのは若い女の子。それがTちゃんとの初めての出会いでした。

Tちゃんの第一印象は、「愛想がいい」に尽きます。はっきりいって顔は普通といった感じだったのですが、取り合えず明るい。朝ドラのヒロイン感があると言えばよいのでしょうか?manchi世代なら、絶対名前を知っている朝ドラに「ちゅらさん」っていうのがあるんですが、そのヒロインみたいな感じ。とにかく明るくていい子だなという印象(ただし、これは後々大きな勘違いと分かるのですが。)

その後、Tちゃんとのプレイですが、ビジネスライクな感じではなく、本当に恋人同士のようなセックスが出来ました。デリヘルなんですが、自然に初回から本番。しかも中出しというおまけつき。正直Tちゃんのテクは大したことが無かったですが、何というか初めて体を合わせたのに、全く緊張感が無かったのが印象的でした。

その後のピロートークで、Tちゃんが読書好きということが判明。manchiも実は文学青年だった過去があり(え、意外(笑))、Tちゃんにおすすめの本を紹介してあげました。ちなみに、自分が紹介したのは「君に舞い降りる白」っていう高校生・大学生が好きそうな恋愛小説。よくこんなベタベタな恋愛小説を紹介したなと。今思えば非常に恥ずかしいですが、Tちゃんが青春恋愛系が好きだと言っていたので、おすすめしました。

ちなみに、Tちゃんからは「告白」を紹介されました。その当時は映画化もされておらず、自分も名前を聞いたことが無かったのですが、その後かなりの大ヒット作に。Tちゃんには本を見る目はありましたね。

このTちゃん、顔も体もそれなりでしたが、読書好きで笑顔がかわいいということで、他の風俗嬢には無い印象を受けたmanchiでした。

Tちゃんの勤務が終わった後~二人で富士そばに行くのが恒例

それからはTちゃんにはまってしまい、毎週末Tちゃんに入るのが日課になりました。Tちゃんはルックス・スタイル共に普通の女の子だし、Tちゃんがいるデリヘル店自体もあまり流行っていませんでした。そのため、いつも当日に電話しても予約が詰まっていなかったので、安心して遊ぶ事が出来ました。

Tちゃんもあまりお客がつかないということで、自分が毎回指名してくれることをかなり喜んでいました。そんなある日、プレイ後に自分が帰ろうとしていると「私もこれで終わりだから一緒にご飯を食べない?」とTちゃんから提案が。完全にTちゃんにはまっていたmanchiは、二つ返事でオッケー。

その後、Tちゃんと待ち合わせして大塚の「富士そば」へ。「そんなとこでいいの?」と聞きましたが、「そばが好きだから」との返事。その後、富士そばで話をしていて、Tちゃんがヘルパーのバイトをしていることを知りました。風俗とヘルパーという全く違う世界を行ったり来たりしているTちゃん。本来は介護の仕事をやりたいけど、お金が足りないといった話を聞かされました。

その後、大塚駅でTちゃんとお別れする際に抱き合って、ディープキス。この頃からmanchiも本格的に恋に落ちていきました。

お店以外で初めてした気持ちの入ったセックスは…最高

その後、毎週金曜日は彼女の出勤のラストの時間帯に入って、セックスした後、一緒に富士そばに行くというのがルーティーンになりました。最初は富士そばだけでしたが、そのうち「カラオケ」に行ったり、ゲームセンターに行ったりするように。学生時代に戻ったかのようなピュアな恋愛を続けるmanchi。

そして、ついにTちゃんを自分の部屋に呼んでみることに。その日はTちゃんと一晩中やりまくったことを覚えています。中出しするたびに「赤ちゃん出来ちゃうね~。」というTちゃん。その時は幸せでした。

お互いに気持ちの入ったセックスは格別です。

今となってはあの時赤ちゃんが出来ていたら、どれだけ恐ろしいことになったかと…。

同棲が始まる~幸せな時間の賞味期限は2週間だった

さて、その後は自然な流れで同棲生活に。Tちゃんは自分の家とmanchiの家を行ったり来たりしていましたが、基本的に夜はmanchiの部屋で一緒に寝る流れ。最初の2週間は本当に幸せでした。平日は毎日セックスして、週末は朝までセックスしまくって(笑)、昼はデートに出かけて、夕食後にまたセックスしまくるという日々。

ただし、そのうちTちゃんの束縛が激しくなってきました。はじめはLINEでやり取りするだけだったのが、昼休みの度に電話がかかってくるようになり、さらにデリヘルの仕事に行く前には愚痴の電話もかかってくるようになりました。

また、仕事中も「あぁ、今日のお客さんデブだわ。死にたい。」「無理やり中出しされました、死にたい。」「おっぱい無理やりもまれた、痛い、死にたい。」とネガティブのオンパレード…。

朝ドラヒロインのように明るかったTちゃんはどこへ。その後、自分は完全にカウンセラーになり、セックスしている以外の時はずっとTちゃんの悩みを聞くことに。セックス後には「どうせ体だけ欲しいんでしょ、死にたい…。」みたいなことを言い出す始末。

一日に3回以上は死にたい!と言われ続けます。

よくよく聞くと、うつ病で通院歴があったり、自殺未遂したことがあったりと、かなりのメンヘラであることが分かってきました。

このTちゃんのマイナスオーラがすごく、さすがに家に帰るのが億劫になってきました

夜型生活が耐えらん!毎日寝不足で仕事に行く毎日

また、Tちゃんとの生活で困ったのがTちゃんがめちゃめちゃ夜型であるということ。とにかく夜ずっと音楽を聞いたり、明りをつけてなんかやっています…。おかげでこちらは毎日寝不足で会社に行くことに。

そして、昼に家事をやっていてくれるかと思いきや、日中は爆睡している始末。「ヘルパーのバイトをしているはずじゃ?」と思い尋ねてみるも、「今日は休み」との返事。結局同棲していた間、ヘルパーのバイトに行った姿を見たことは一度も無く、自分が記憶しているのはセックスしているTちゃんと寝ているTちゃんだけ。

恋愛の終焉~財布から4万円を抜かれて家を出てゆく

こうなってくると、最初からルックスがそこまで好みじゃなかったこともあり、だんだんTちゃんがうざったくなってきたmanchi。Tちゃんもそれは感じたようで、セックス中に「何か愛を感じないんだけど…。」とぶつくさ言われるようになりました。

その後もなんだかんだで同棲は続いていたのですが、突然Tちゃんが「manchiが愛してくれないので、昔のお客さんに抱かれます。」というLINEと変なおっさんとラブホに入っていく写メを送って来たことでプッツン。

Tちゃんとしては自分を嫉妬させるつもりだったのかもしれませんが、これで完全にTちゃんとさよならする気になりました。

その日帰宅してTちゃんに「お互い違う道を行こう!」というと、「結局、遊びだったってことでしょ~。」と冷たい目で見てくるTちゃん。「はい、じゃあね」と言いながら、すんなり出て行ってくれました。ただ、財布の中に入っていた4万円がきっちりと抜かれていました…。

手切れ金だと思えば安いと思い!イラつくことはありませんでしたが、残念なシコリは残ります。

風俗嬢との恋愛を振り返る~距離が近くなると見えてくる本音

さて、デリヘル嬢と付き合った体験談はどうでしたか?結構大変そうでしょ(笑)。

客と風俗嬢の関係だった時はかなりいい感じだったのに、同棲し始めた途端、うざい気持ちしか感じなくなりました。「仲の良い客と風俗嬢の関係のままなら、きっとお互いいい相談相手になったかもなぁ」とたまにふと思います。

はじめてのデリヘル嬢との同棲生活はmanchiにとってはほろ苦いものになりました。

manchiもこのTちゃんと別れた後は、「もう絶対風俗嬢と何か付き合わねぇ!」と思って、しばらく風俗嬢とはビジネスライクに接してました。ただ、以前記事で紹介した錦糸町の人妻嬢のYちゃんと出会って、また風俗嬢の虜になってしまいましたが(笑)。

錦糸町人妻デリヘルの体験記はこちら

ただ、この記事を読んでも分かるように、風俗嬢と付き合うのは相当ハードですよ。たまに「風俗嬢と付き合うためにはどうすればいいですか?」なんてお気楽な質問をインターネットで見かけたりしますが、「一にも二にも心のタフさが必要!」とmanchiなら返信するかもしれません(笑)。

「風俗嬢と付き合ったら、あのすごいテクを毎日味わえるじゃん~。」とか思ってるあなた。話はそう簡単じゃないですよ。付き合い始めたら最後。肝に銘じておいてほしいのは、

付き合った瞬間から、彼女はあなたが好きだった風俗嬢の彼女ではなく、全く別の女性になっている

ということ。

距離が近くなればなるほど、お互いの本音が見えてきます。

確かに、風俗嬢と恋愛。結婚している人も大勢いるでしょうが、抱える闇やトラウマは普通の女性よりも多い傾向にあると思います。その結果、破綻、離婚、借金の代替え返済、養育費等の問題も生じる可能性もあります。

※そう見積もっておくくらいで間違いありません。それを含めて受け入れられるかどうかの自己責任です。

風俗嬢が抱える闇を共有し続ける覚悟があるかどうか?それが風俗嬢との恋愛を成功させるコツなのだと気付いた次第です。もしかすると、客と嬢という関係でいるのが一番幸せかもしれませんよ…とだけ言っておきますね~。まぁ、よく考えてみて下さい。

The following two tabs change content below.
manchi

manchi

33才の筋肉質ノマドワーカー。日本全国の裏風俗事情に精通。多数のアダルトメディアに投稿。1日に5回以上セックスできる性豪を自称。毎度、風俗嬢をナンパして大人の恋人に発展させようとするがツメが甘く失敗が続く・・(涙)大勢の女性からモテるリア充を目指しています。

風俗

Posted by manchi