スーツ着衣で即H【OLセックス体験談】美人受付嬢をお持ち帰り

7月 11, 2018

管理人愛用の出会い系一覧

ブクマ必須~出会える系の神サイト5選

女性に酒を飲ませたはいいがホテルにどうやって誘って良いかわからずにデート終了。

本当はエッチしたいんだけど下心を見透かされたくないのでイイ人のままデート終了。

このように、女性をセックスに誘いたくても誘えずに撃沈する男性は多い。

しかし私は諦めない。一度や二度断られても全くひるまず立ち向かのが私のスタンス。(どん引きされようが関係ない!笑)

今回の即セク体験談は、スーツ姿のOLをラブホのお持ち帰りした内容になっている。

記憶を頼りにこの時の状況を綴っていく。

私がお持ち帰りした女性は、某大手メーカ勤務の受付OL嬢。

  • 会社帰りに合流した時点で出来上がっていたOL
  • 華奢な体系でスーツスカートに黒のストッキングと白のブラウス
  • トロンとした目の眼鏡美人の受付嬢
  • 土曜の午後10時30分

この状況下で持ち帰りたくない人はいないはず。時にあなたは、着衣セックス派か、素っ裸でのセックス派か…選ぶならどちらだろう。私の正直な脳内の欲望を再生するなら、

そのままラブホテルに連れ込み、酔ったOLのスーツを半脱ぎにさせ、胸を揉みまくり、ストッキングをビリビリに破いて、めちゃくちゃにしてセックスをしたい…

という所だ。

ま!現実は理想とは離れているものだが、遠からずこの欲望は実現できた。あれは夏の暑い日だった。

オフィス街品川から会社帰りのOLと即アポ

2017年9月30日ー

私は辛いラーメンが好きで外で仕事をした場合は帰り道に人気の激辛ラーメン店を巡る事がある。そこで、その日は、ここ数年でセブンで商品化もした「蒙古タンメン中本」の品川店に立ち寄った。夕方ごろだっためお店の列は外まで伸びていた。

私が食べたのは辛さ5の「蒙古タンメン」。野菜の甘みがあり激辛でもクセになる味だった。

そんな品川はビジネス街の顔も持っている。品川駅の港南口を出れば、高層ビル群を望むことが事が出来る。ちなみに品川駅のラッシュ具合は言う必要もないくらいの混雑さだ。人と人がすし詰めになるとはこのこと。動けないくらいの混雑になる。

激辛を物語る赤いラーメンのスープを少し飲み、あまりの辛さに体の危険を感じた私は店を後にして、近くのセブンイレブンで爽健美茶を買い外で飲んでいた。

午後7時5分。帰宅しても良いのだが微妙な時間だ。

仕事帰りのOLを見てピンとひらめき、出会い系のワクワクメールのゴハンデート掲示板でOLの書き込みがないかを調べてみた。すると、食事の後に暇だから会いませんか~?という書き込みが10件ほど。書き込みを吟味して2人の女性にメーを送ってみた。

それまで、少し暇だったため「スターバックス コーヒーJR東海 品川駅ラチ内店」に入る事に。お腹いっぱいだったため、ミルクティー飲みながら仕事のスケジュールを確認。8時頃に2人内の1人から返事がきた。どうやら品川ではないが近くで飲んでいる模様。

23歳のOLだった。

既に酔ってワインを片手に愉快に話すOL

品川01
OLが呼び出した大森駅

サイトの女性がいたのは品川から2駅先の「大森」。駅近くのワインバーにこれから行く!というのでそこに向かう事にした。「ワインショップグランボワ」という立ち飲みのかなり小さなワインショップ。人が大勢入るような場所ではなく、軽く飲む程度の場所だった。

着いたのは結局9時頃だった。

そこにいたのは既に出来上がったOLが1人。

見た目は小島瑠璃子の身長を10cm伸ばしたような清楚っぽい眼鏡女子(後で聞いたが受付嬢だった)。グレーのスーツに黒のストッキング。ブラウスは白く、会社帰りであろう肩掛けのビジネスバックと上着を左に持ち、右手でワイングラスを持っていた。

てか結構な美人じゃん!

合流して1分と経たず、初対面の私は愉快な彼女に話かけた。彼女のスペックは

  • Rちゃん・23歳・品川に通うOL・彼氏ナシ
  • 某工業部品の大手メーカー(聞いたけど全く知らなかった)の受付嬢
  • 合コンやクラブなどの男遊びとお酒が好き(後述)
  • 小島瑠璃子に似た高身長&美人顔
  • 眼鏡+スーツ+黒ストッキング

正直アタリだ。最近は調子が良い。

OLの愚痴ターン~20分に1回「お局が嫌い!」と連呼

私の算段では、ほろ酔いのOLをさらに酔わせて持ち帰りコースを思い描いていたのだが、斜め上の状況になってしまった。これではきっと私と合流しなくてもどこかのサラリーマンがゲットしてセックスをしていたに違いない。

しかしネットであろうとナンパはサバイバルなのだ。

ここで、こじるり似の美人OLがなぜ酔っているのかが分かる事になる。

社内の愚痴が炸裂!とんでもなくうるさく喋り続けるOL…

Rちゃん「会社の40歳のお局がなねぇー!!

女性は仕事に対する口より会社の人間に対する口が多い…。

Rちゃん「寿退社した私の先輩の悪口ばっかり言ってるんですよー!!!

それは良くないな…

Rちゃん「てか私、受付嬢してるんですけど、これでも結構モテるんですよ!前なんかお得意先の営業にご飯誘われちゃったんですよ!!!

ほぉ…

こういう第三者(お局)を肴にすることで、会話は非常に盛り上がるので覚えておいくといいだろう。見つめ合うのではなく、共に同じ方向を見て、それを話題にすることで仲間意識が働くという心理である。

Rちゃん「てか、本当にお局って本当に性格悪くていやになるんですよ!電話切った後に相手の愚痴とかむっちゃ言ってるんですよね~信じられます!???

またお局トークか?さっきの話は??

Rちゃん「聞いてるんですか???

いや、聞いてるけどさ。

 

うるさいよ!!!!

 

とはさすがに言わなかったが、共感もさすがに面倒になってきた。この美人にして1人で飲んでいるのが頷けるうるささだった。彼女は黒髪の眼鏡っ子にも関わらず中身はズバズバ言うタイプの強気女子だった。まさに肉食系…外見詐欺だと思った…

会社のストレスがあり、飲みたかったけど上手く人と会う事が出来ずにワインバーで1人立ち飲み。こんな所で1人飲みをしているのも恥ずかしく、サイトで人を呼びかけた…おおよそこんな所だろう。

仕事場にいるであろう「お局」が嫌い過ぎるRちゃんは、まるで面倒なオッサン上司かのごとく同じ話しをおよそ20分おきに繰り返すようになっていた。

しかし気が強い半面、酒が強くない事は容易に察する事ができた。

意識がないようである酔っ払いOLをラブホにお持ち帰り

大森で立ち飲みした「ワインショップグランボワ」

酔っぱらった彼女はとめどなくしゃべるようになり。私も割と飲んでいた(飲まされていた)ため、二人とも酔っぱらった状態になってしまった。

酒を飲んでも飲まれるな。男たるものセックスが終わった後にタバコ1本を吸うまで気を抜くべからず。

気合を入れ直して、ここからが私のターンだ。

左近「Rちゃん明日あるの?

Rちゃん「うん。朝はやいよぉー

左近「嘘つけ(笑)むっちゃ飲んでるだろ。

Rちゃん「えー信じてないのーw本当だよー

左近「そんな事言いながら、酒飲んだ状態で連れ込みされた事あるだろ?

Rちゃん「え~~どうでしょうね~w

普通にあるであろうリアクション。

左近「あるね~(笑)それでシャワーとか浴びずに服とか着たままセックスしたちゃったら燃えるタイプか~~!

Rちゃん「燃えないよ~~(笑)シャワーとか入りますからね。ちゃんと

左近「うーん。多分Rちゃんは自分が良いかも?って思ってる男だったら結構積極的になると思ったんだけど。強引にされたら理性が消えて、着たまま結局燃え上がりそうw

Rちゃん「あ~それはあるかもね~~w

左近「あるじゃん(笑)

※こういのは、ありそうな共感を数パターン言えばその内あたる。

こうしてエロムードにシフトしていくと酔っている状態なら自然と雰囲気が良くなってくる。下ネタを放り込んで笑わせ、ソフトタッチを繰り返す。徐々に手先から体の中央へスキンシップをズラしていき、胸や太ももの際を触る。

男は変態キャラの方がずっとセックスへ持ち込みやすい。元から飲んでいた彼女だったため、比較的簡単にワンナイトのステップを踏むことに成功。

酔ってる途中でもスマホをいじりながら、歩いて10分以内の場所にある「ホテル リコルド」というホテルを見付け、彼女をお持ち帰りに誘う。

左近「じゃ。ちょっと二人になろうかw

Rちゃん「え~何ー?いやらしー!w

何が起こるか、分かり切った会話をしてOLの手を引いて彼女をラブホに連れて行った。

ラブホに着いて、部屋に入った瞬間にRちゃんを壁におしつけて必殺壁ドン。

そして強引にキス。んー!と言いながらびっくりする様子だったが、笑っていたし、抵抗はするも本気の嫌がりではない事はすぐに分かった。

Rちゃん「ちょっと何するのー!w

左近「Rちゃんの魅力に負けてつい(笑)」

リアクションを見る限りいきなりキスをされたのはびっくりしたのだろう。Rちゃんは目を丸くしていた。これはもう止まらない!と思い、Rちゃんとキスをしながらベッドに流れ込んだ。

※エッチに誘う前!男は多少悪者になる強引さが必要である。

初めに彼女にキスをして舌を絡める。

彼女は白のブラウスでスカート+ストッキングだっため私の目的は完璧に「着衣セックス」絞られていた。それをクリアするためには、ブラウスを半脱ぎにさせ、ストッキングを脱がさなければいけない。

ブラウスのボタンをすとブラジャーが…と思いきやキャミソールが出てきやがった!クソッ!

まぁブラウス1枚で中がブラじゃない事は普通だが、AVならブラが出てくる所…!これではブラウスを脱がしてキャミソールを脱がさなければいけない…。そんなことをしてしまえば、ブラウスを再び着せないと上半身は裸になってしまう…!

ええい!どうせおっぱいは小ぶり!キャミソールは首元までまくりらせた状態で乳首を拝めば良い!「着衣」が優先だ!!

バッとキャミの下裾を鎖骨辺りまで捲し立て、ブラをあらわにした。

ブラジャーも上にズラし、ようやく、おっぱいを拝む。貧乳ではあったたが乳首はちゃーんと立っていた。ピングで綺麗な乳首だった。(顔が可愛いのに乳首が黒いと萎えるのは私だけではないはず)乳首をなめまわし、ストッキングの上から太ももを擦る。

外側・内側・パンツの三角ライン…グッとマ〇コを押すと

ンンっ…!//

と声を漏らした。酔っている美人OLが酔っぱらってこんな声を出しているなんてエロ過ぎる。女ではないが、男なら我慢汁がパンツに付着するくらいのエロ度。

我慢できずにストッキングを下まで下ろす。「いや~」とRちゃんが言いながらも、足を脱ぎやすいように、クイっと上げてくれる所なんて、本当に分かっている(笑)これだからエロい女は堪らない。

ちなみにパンツとブラジャーは薄い水色に黒のツタが走ったようなおしゃれ下着。可愛かった。パンツの上からアソコを触ると湿り気があり、興奮度が跳ね上がる。せっかく着衣セックスするなら、パンツすら脱がしたくない。

パンツを横にズラしてマ〇コを触るとトロットロになっていて、達成感が半端ではない。キスをしながら5~10分ほど手マン。マン毛は処理していたらしくちょび髭のように可愛くマン土手に生えていた。

クリトリスやGスポを入念に撫でまわしたり、トントントンッと刺激を与え、いよいよスカートを着たまま正常位でセックススタート。彼女は

ちょっと、、あ、ヤバイかも…!

と言いながら「ンンッ!ウンッ!ンンッ!」と喘ぎ始めた。スーツのスカートがしわになりそうな感じでぐしゃぐしゃになっていたが、もう入れてしまったら本当に止まらない!

いざ挿入中は積極的に股を広げてくれてめちゃくちゃ気持ち良かった。バックや騎上位もやってくれたし、松葉崩しなどの女性の足を上げた体位でもかなり突っ込んだ。(※正常位で足を上にあげる体制は大体、挿入が深くなるため双方が気持ち良くなる)

乱れまくった美人OLとのセックスは2回戦もしてしまった。(着衣セックスは流石に1回戦目だけだったが)

できればOLをセフレにして、ストキングをビリビリに破るプレイもしたかったが、流石に初対面でそれをやる勇気は無かった…

ま!十分に堪能したので、次の日は二人共二日酔いでホテルを互いに別れる。その後、彼女からは連絡も来なかった。大人の一期一会とはこういうものである。

女性をホテルに持ち帰り~セックスする為の行動要点

  1. 酒を飲む開放的な状況を作り上げていた。
  2. 相手が共有し易い話題(仕事の愚痴)を引き出して共感する。
  3. 仕事の愚痴から出た上司を互いの肴にして盛り上がる。
  4. エロ方面に関する話題でイエスを引き出す。
  5. 手を引っ張って無言でホテルにリードする。
  6. 壁ドンによる逃げ場を失っているという状況を演出。
  7. 多少アブノーマル(着衣セックス)なプレイを一緒に楽しむ演出

OLのSEX体験の感想~着衣セックスに至る!女性心理

一緒に酒を飲むという状況は、良かれ悪しかれ!女性は普通の帰ることを想定しているが、同時に期待もしているのである。良い口実を与えてくれたら!

『Hもアリかも・・』

これは非常に小さい声なのだ。女性の内面心理の声をフロー化すると以下の通りだ。

『相手次第でHもアリかも』→『これは!もしかしたら!?』→『え!今日なの?それは絶対ない!!』→『ヤバイ!流されそう』→『もう~!やるっきゃないじゃん』→『悪いことしてるようだけど気持ちいい♪』→『あ~自分が嫌になる!後悔』→『これは!なかったことにしよう♪』

性に開放的な現代の女性は多かれ少なかれ!こんな感じの心の声で即セクは完結する。

重要なのは『やばい!流されそう』ここを作るのは男性の仕事である。後は勢いで進行してゆくことも多い。

ただし、強烈なNGが来たら!それは諦めるべき。『ゴメン。キミをどうしても理解したかったんだ。これで安心した・・』などと意味深なセリフを吐いて場を収めよう。

せっかくのデートなのに、ホテルに誘ったり、SEXに誘えない男性は、『これはもしかしたら』という内面の声すらも女性に抱かせずに終了してしまうことが勿体ないのである。一つずつ、丁寧に女性がHに至るまでの心理を踏んでいこう!

 

The following two tabs change content below.
sakon
自由と快楽をこよなく愛する東京在住の45才。WEB企画・制作会社を経営。 世界・日本各地を100箇所以上訪れて滞在するフリーノマドの妻帯者。最愛の自宅に帰るのは年に半分。男は船で女は港を実践中。浮気公認を勝ち取る為に日々漢を精進。趣味はお酒、旅行、恋愛、ナンパ、風俗、漫画。