処女とのセックス体験談~処女膜貫通させてロストバージンさせた話

11月 27, 2017

管理人愛用の出会い系一覧

ブクマ必須~出会える系の神サイト5選

こんにちわ!学生時代は処女厨だった滝沢です。

中学~高校ぐらいの時に、めちゃくちゃ処女厨な少年だった滝沢は、ずっと「初めての相手は処女が良い」と思っていました。しかし、いつしか性欲が勝ってしまい、処女に拘らず。むしろ見境なくセックスできる女性のもとへ駆けつけるゲス野郎になりました。

個人的な処女のイメージは若い頃の志田未来ですね。「14歳の母」というドラマで志田未来ちゃんが三浦春馬とヤっちゃった設定を知った時は複雑な心境でした…

そんな事はさておき!11月の中旬ごろ。実は処女とのセックス体験をしてきました。感想から言うと。処女とは二度とやりたくないよ!という事(笑)

学生時代は「処女=神聖な女性」と思っていました。初めての彼女が、相手にとっても初めてでいて欲しい!という願いがありました。だって、1回もマ●コにチ●コが通ってないなんて素晴らしいじゃないですか。自分がその人の1人目に刻まれるのは素晴らしい!と本気で思っていました。

逆に、ビッチや経験者=汚れている女性と認識していました(今思えあば差別に近いですね)

ハッキリ言っておきたいのは、「処女を奪った男」は最高の男。ではなく、勇敢なる戦士でした。

【処女厨問題】処女とヤリたいオタク男性の心理

ちなみに、処女厨問題が大きいのはオタク界です。

処女厨とは、処女信仰の中でも度を超えた迷惑行為をする者に対する呼称。

処女信仰の中でもアイドルやアイドル声優と言ったエンターテインメントの世界の人から、二次元の女性キャラクターにまで処女であることを異常に押し付ける傾向が人一倍強い事で知られる。

ニコニコ大百科(仮)

さらに詳しく説明すると、「かんなぎ」という漫画のキャラクターが処女じゃない事に対して、読者が激怒して漫画をビリビリに破いたり嫌がらせをしたというウワサ(かんなぎ騒動)が広がった事から処女厨が有名になりました(実際にはデマ騒動でしたが)。

ともあれ、一部の熱狂的なファンは、アイドルや声優に対して「処女出会って欲しい」と願う人がいます。

  • 中古品と感じる
  • ビッチな人に純粋なキャラをやって欲しくない
  • 最高のヒロインは純情な処女であるべき

という考えの元、オタク界では「処女厨」が騒がれるようになりました。僕はモテなかった事もあり、処女が好きでしたけど途中でどうでもよくなった派です。

処女とは知らず21歳の子と出会う事に

僕が処女を奪ってしまった女性は21歳の福祉系の大学生のHちゃん。11月15日頃にたまたまアポが取れて食事に一緒に行った時の事でした。

※ちなみに、出会い系サイトなんかで「処女です」って言ってる子はもれなく業者なのでスルーしてください。

その時は、出会い系サイトの掲示板で「食事いける方~」と募集があったので、名乗り出る事に。

僕は、平日の午後から予定が空いていたので江東区木場の109シネマズに行って映画鑑賞。あそこにはIMAXもあるので最高な映画館なんですよね。しかし、その時見たのは「亜人」という少年漫画原作の佐藤健と綾野剛が出てるアクション映画をみました。

原作とは違うので「ふ~ん」ぐらいのクオリティ。佐藤役は渡部篤郎さんにやって欲しかったと個人的には思いました。

映画が終わった後の午後18時頃。有楽町のマリオンの時計の下で待ち合わせ。Hちゃんはすでに立っていたので、恐る恐る遠くからメールを送って確認をしてみました。メールを確認するタイミングと服装から本人だと間違いないと判断できたため話しかけます。

見た目は…めっちゃ微妙でしたよ(笑)

お猿のジョージに似ている女性でした。可愛いかどうか?と言われれば、滝沢の中では可愛くないゾーンに属します。しかし。キャンセルするのはちょっと詰まらないな~と思いGo!しました。

下ネタに過剰反応~コンプレックスが見え隠れ

話しかけると丁寧に挨拶をしてくれるHちゃん。ほっぺがほんのり赤いのはチークなのか元からなのか。セミロングで若干ナイティナインの岡村に似ていました。可愛い岡村風のセミロングのおさるのジョージです。

滝沢の脳内で食事に行く=抱く

というモチベーションで口説きにかかりたい所。無駄な食事はしたくないので、今回は「まぁいっか!」と思ってそのまま「ウメ子の家 銀座有楽町店」というお店に行くことにしました。

幸い胸も大きめでウエストや足も細いエロい体だったので、チ●コは立つでしょう(笑)

ウメ子の家という居酒屋はそこそこ綺麗で半個室。2人でも行きやすい居酒屋でした。

Hちゃん
私タコワサ好きなんですよね~

と無邪気におつまみ系を頼むHちゃん。僕はお腹が減っていたのチャーハンとから揚げを注文、Hちゃんと話しながらご飯を待ちます。どうやら大学は女子生徒ばかりで出会いもないし、出会い系でもやってみようと思ったらしい。

長野の田舎の方の出身であまり都会が好きじゃないって言ってました。彼女からあふれ出る垢ぬけない感じはその田舎臭が漂っていたのですか。都会に染まってない感じは悪くはありません。

Hちゃんは悪く言えばちょっと人を信じやすそうな子だと思いました。絶対キャッチに引っかかってしまうタイプ。ガン無視できないタイプの子です。「そうでしょ?」と言ってみると、「そうなんですよねー!(´;ω;`)」とHちゃん。

…可愛くない。

僕は必死に「女装したナイティナインの岡村とセックスをするのではない、このエロい体とエッチしたいだけだ…」と自分に言い聞かせながら話を合わせていきました。

その時、異変を感じました。

滝沢
彼氏とかしばらくいない感じ?
Hちゃん
そうですね~私そういうの全然なんですよね
滝沢
全然…?何年もいない的な?
Hちゃん
というか全然付き合った事無いんです。

ここで初めて【処女フラグ】が立ちました。

え…どうしよ…。

僕は処女と付き合った事ありませんし、セックスもした事がありませんでした。処女の取り扱いが脳みそには収納されていません。聞く話によると「血が出血して大変な事になる」とか「痛くて入らない」とか「処女膜を貫通させるのは快感だ」とか。

まだ。処女と決まったわけではないと思い。好きなタイプから話していき、経験人数を言い当てるゲームをしたりしていくと、下ネタになっていくとどんどん赤面していくHちゃん。笑う回数が明らかに増えています。

さらに

Hちゃん
私は全然今が楽しいんですよね~彼氏ってあんまり優先順位高くなくて!

というHちゃん。

これは彼氏が出来ない子が良く言うセリフでは?というかそんな事言ってずっとセックスの味わいを知らないで過ごしている子では…?

しかもワンナイトラブを否定したり、セフレ=男として最低。という考え方が懲り固まっているアタリ…処女説が濃厚になる一方です。

Hちゃんは話しても楽しいし、彼氏が0人ってタイプの女性に見えません。きっと良い出会いが無かっただけなのでしょう。仕方ない、腹をくくってHちゃんを抱こう。

処女膜貫通?処女とのセックスは気を遣って楽しむどころではない

暫く飲んだ後に、有楽町のバー「HUB日比谷店」へ。僕はもう飲めませんでしたが、Hちゃんが行きたい!と言うので仕方なく付いて行くハメに。お酒はある程度強いようです。

ハイカウンターで座りながら、僕はスミノフをちびちび飲み、Hちゃんはビールを飲む。これだけ飲めるならクラブや合コン・相席居酒屋にでも行けば良いのに…と思いましたが、「私は全然そういうの苦手なんですよー!」と微妙に可愛くない笑顔でしゃべるHちゃん。

何やら韓国の音楽が好きすぎて、全く日本人に興味が沸かない!らしい。こういう子って頑固な部分がありますよね。

せっかくなので、Hちゃんとちょっとずつ手を握ってみたり、スキンシップを図る滝沢。すると嫌がるそぶりもあるが、満更でもないHちゃん。処女いじりをすると過敏に反応するのでうかつに触れるのは危険(笑)

試しに胸を揉んで見ると「ちょっ!!!」と言って全力で引くHちゃん。さすがに処女のガードは固いです。仕方ないので、ゲーム形式でじゃんけんで負けた方が言う事を聞くというルールでHちゃんに触っていく作戦を決行。

しかし謎にじゃんけんが強いHちゃん。処女の女神か背後霊が聖女なのでしょうか?w

妥協します!と言って腕や太ももを触ると、徐々に許してくれるようになってきました。いい感じに処女の壁が低くなってきました。さらに「腕めっちゃ細い!」とか「肌超綺麗!」とか褒めるとどんどんボディタッチを許すHちゃん。

Hちゃんのにこやかな笑顔はどんどん猿に似ていきます。

夜23時頃になると、処女が「私そろそろ帰るよ~!」と言うではありませんか(笑)

馬鹿言うなよ!誰がおさるのジョージみたいな顔したお前を飲ませて、気分良くしたと思ってんだよ!抱かせろよ!

という心の叫びが出そうになったところで、心を落ち着かせグダリ解消に努める滝沢。最終的に私に何かあったら呪い殺しますからね!という脅迫を受けながらも僕はラブホの近くまでHちゃんを連れ込むことができました。

有楽町にはラブホテルが少なく、この時はレンタルルームでしたが。

なぜか急にもじもじして黙るHちゃん(笑)

これが広瀬すずだったら可愛いですけどね。目の前にいるのは顔は微ブスな処女。でも、セックスする以上紳士でありたい滝沢。ちゃんと手を握りリードして彼女を部屋まで連れてきました。

彼女も彼女なりに覚悟を決めたらしく、黙って付いてきます。

処女の初体験がレンタルルームで申し訳なくなってしまいましたが、もう関係ありません。電気を暮らして良いムードを作り、Hちゃんといちゃつこうとします。薄暗くても分かりましたが彼女の顔は不安に満ちていました。

21年間閉ざされていた、開かずの扉を今。開けます。

Hちゃんが「お風呂は?」と言いましたが「このままの方が雰囲気あるしょ…」と言ってプレイ続行。

ちなみに、この時のHちゃんは、グレーのTシャツにデカイ外人女性の顔がプリントされたダサい上に、黒のスキニー的なパンツ。カラフルなしま模様のトートバックを肩にかけるという壊滅的なダサいファッションだったので、服で興奮はしませんでした。

ただ、胸が大きい!

そしてスタイルが抜群に良かったんです!

処女だけど。

ベッドで、彼女のおっぱいを触ると手の甲で口をふさぎながら横を向くHちゃん。だんだん芋っぽい顔が可愛く見えてきました。キスをしながらおっぱいを揉みほぐしズボンの上からアソコを揉んでみます。

んん~!」と唸るHちゃん。

Hちゃんのズボンを下ろすと、予想よりもスラリとした美脚が顔を出します。これは処女でこれは宝の持ち腐れでしょ!と思っちゃいますよね。そのままパンツの上からマ●コを刺激。

「あの…痛くしないでくださいね…」

となぜか敬語に戻り、泣きそうな顔でこちらを見るHちゃん。「大丈夫だよ」と言ってキスをして、左手で肩を抱きながら右手で手マン。全く足を開くと言う協力姿勢を見せないHちゃん。確かに言わないと分かんないよね…と思い、「足を開いて?」とか「こっちがわきて」と誘導してあげます。

ちなみに処女のパンツは水色の薄い花柄でした。あわよくばギンガムチェックとかが良かったですね。

マ●コは想像以上に濡れました。

え?処女って濡れるの?って思いましたけど、パンツの上からネバネバするくらい濡れてましたね。そのあと指を入れるんですが、ココが緊張しました。なんせ穴が小さい!

というかこれほんとに穴?大丈夫なの指入れて?って思いました。濡れているので指先は入り、グッと人差し指を奥にさしてみます。「あっ!いっったい!」と言うHちゃん。

これは…長丁場になりそうだ…と一瞬で悟りました。

ちょっと指を入れて「イタイ!」。
ちょっと指を入れて「イタイ!」。

これを10回くらい繰り返すと、人差し指は何とか入る事が出来ました。「気持ち良い?」と聞いていると「う~ん微妙…」と言うHちゃん。そうか…orz

暫くならした後、いよいよチ●コ挿入。先っちょを入れると「あぁぁあっ…」と声を漏らすHちゃん。ちょっと入れてから出して。を数回繰り返し「うぅ~ん」と唸るHちゃんに「痛かったら言ってね」とだけ言って腰を振り始めます。

処女膜は破れたのかどうかよく分かりませんでした。でも締め付ける感じはかなり強かったですね。あの締まりは癖になりそうでした。でも強めに突くと「痛っ!」と言ってしまうため、かなりスローセックス。

しかし、しばらく動いていると「ちょっと気持ち良い…」と言うHちゃん。嬉し~!と思いちょっと早めでピストン。もともとエロかったおっぱいに吸い付いたり、舐めたりしているうちにスピードが速くなってしまいました。

気付くと赤く染まっているチ●コ…

ぎゃぁぁぁぁぁーーーーー!

僕は人生で初めて白いベットが赤く染まる瞬間を目撃したと思います。

急いでチ●コを脱く滝沢。血が出てるよ!と言って慌てる僕とHちゃん。彼女は「え!!!」と言いながら蟹股になり自分のアソコを触り、え!???ヤバくない!??と混乱しています。

僕は予備知識で「血は出るが、処女膜や内部の何かが挿入時の摩擦で出るもので、芝ら儒すれば血は止まり痛さは引くとこのと。

気持ち良かったもののティッシュで拭いて、セックス中断。後はHちゃんと話しながら、しばらくじっとしていました。すると。20分ほどで血が止まり、「違和感がある…」と言いながらシャワーを浴びさせました。

【ロストバージンまとめ】処女とのセックスは何があっても動じない事!

処女とのセックスはかなりインパクトがありましたが、ネットで調べたりしても、そこまでヤバい状態ではないという事が分かり、対処できました。実際めっちゃ焦りましたけど、無事にかいさんしました。

ま~でも、もう処女とセックスはコリゴリですね。

The following two tabs change content below.
takizawa

takizawa

25歳男。アダルトライター。学生時代は非モテ童貞だったが、社会人になり性の喜びを知る。エッチな事から危険な事まで「まずは飛び込む」事がモットー。リリーフランキーのようなスケベインテリを目指しストナンで男を磨き、仕事に励む。セフレや彼女は長く続かない。